会長あいさつ

当協会は、昭和55年3月に64社で「秋田市建設業協会」を設立以来、本年で創立30周年を迎えることができました。
現在、会員数は正会員63社・準会員4社・特別会員2社合わせて69社となっておりますが、これまで30年間会員が一致団結して幾多の困難を乗り越え、公共工事などの社会資本の整備や経済・雇用を支える基幹産業として貢献してきた歴史を誇りとし、さらなる協会発展に向かって邁進することとしております。
これもひとえに、会員の皆様をはじめ秋田市や関係機関等からの特段のご理解とご協力・ご支援によるものであり深く感謝申し上げます。
私は平成22年度(第30回)通常総会において第7代協会会長に選任されましたが、会員の皆様や秋田市長をはじめ市当局並びに市議会や関係機関のご指導・ご支援を賜り協会運営してまいりますので特段のご協力をいただきますようよろしくお願いいたします。
さて、私から申し上げるまでもなく、年々公共事業が減少するなど建設業界を取り巻く環境は厳しい状況にありますが、秋田市など行政や関係機関と緊密かつ横断的な連携を図りながら秋田市建設業協会としてのスケール・メリットを充分発揮し、地域の安全・安心・雇用の確保など「社会に奉仕する力強い建設業」を目指し、経営の合理化や建設技術の向上並びに入札制度の改善要望など様々な課題に取り組まなければならないものと認識しておりますので、引き続き皆様の特段のご協力・ご指導を重ねてお願い申し上げ、あいさつといたします。

平成22年6月1日
社団法人 秋田市建設業協会
会長 林 明夫

協会の歩み

昭和55年3月秋田市建設業協会 設立
初代会長に伊藤徳三郎氏就任
所在地 秋田市山王4丁目3-7
昭和60年5月第2代会長に小形谷形郎氏就任
昭和61年8月秋田県知事の認可を得て名称を社団法人秋田市建設業協会とするとともに協会章を設定した
平成2年5月第3代会長に安倍興氏就任
平成5年5月第4代会長に渡辺隆氏就任
平成5年12月秋田市建設会館竣工とともに移転
所在地 秋田市山王2丁目10-4
平成8年5月第5代会長に工藤吉春氏就任
平成9年7月定款・規約を変更し、準会員制を設ける
平成10年2月秋田市と災害時における道路障害物除去等応急対策活動に関する協定を締結する
平成12年5月設立20周年記念式典・祝賀会
平成17年6月秋田市・河辺町・雄和町の市町村合併に伴い河辺建設業協会並びに雄和建設業協会から18社が正会員に入会する
平成18年5月第6代会長に三浦伸一郎氏就任
平成21年1月秋田市と災害時における応急対策活動に関する協定を締結する
平成22年5月創立30周年記念懇談会
平成22年5月第7代会長に林明夫氏就任